自転車業界誌発行 Cycle Press/サイクルプレス
国内外の自転車ビジネスと文化の最新情報を多言語でレポート

ライトウェイ、ホース を本体に内蔵できる新型ポンプ「klic」シリーズを12月から発売
2016年11月29日

 ライトウェイプロダクツジャパン(株)はcrankbrothers(クランクブラザーズ)ブランドの新型ポンプ「klic(クリック)」シリーズ3製品を12月から同時発売する。
 
 この「klic」シリーズはホースを本体に内蔵することができ、見た目にもスッキリとして美しいほか、T字に変型するハンドルを採用したことで空気を入れやすい。対応バルブは仏式、米式で、それぞれロード用とMTB用を用意している。フレーム固定ブラケットが付属している。
 
 今回投入する必要最低限の機能を搭載した普及モデル「klic」は、サイズが220mm、重量がロード用115g、MTB用124g。価格は4700円(税別)。メインモデル「klic gauge(クリックゲージ)」は、klicにケージを装着したタイプ。サイズが260mm、重量がロード用142g、MTB用150g。価格は5800円(同)。より楽に空気を入れられるCO2インフレ―ターが付属した上位モデル「klic gauge w/co2 inflator(クリックゲージ・ダブルシーオーツー・インフレーター)」は、サイズが260mm、重量がロード用170g、MTB用186g。価格は7100円(同)。
 
klic
▲左から klic、 klic gauge、 klic gauge w/co2 inflator
 
detail01 detail02
▲左:ホースを本体に収納可能
▲右:空加圧表示ゲージ(klic除く)
 
detail03
▲:仏式、米式両方に対応

 
最新業界ニュース内検索
 
ヴェロ東京2015