自転車業界誌発行 Cycle Press/サイクルプレス
国内外の自転車ビジネスと文化の最新情報を多言語でレポート

自転車の安全利用促進委員会、教育関係者・マスコミ向けの「自転車通学の安全性向上を考えるセミナー」を12/10に開催
2016年11月28日

 自転車の安全利用促進委員会は12月10日、教育関係者・マスコミ向けの「自転車通学の安全性向上を考えるセミナー」をAP大阪梅田茶屋町I・H会議室(大阪市北区)にて開催する。
 
 今回のセミナーでは、(公財)シマノ・サイクル開発センター自転車博物館・事務局長長谷部雅幸氏、自転車ジャーナリスト・遠藤 まさ子氏が道交法改正・自治体の保険加入義務化などについて改めて解説する共に、自転車通学の安全性を向上させるにはどのような視点が必要なのかを解説する。
 
 具体的な講演テーマは「自転車通学教育に必要な2つの視点ソフト面とハード面について」「自転車通学教育成功事例 ~改善・向上のカギを考える~」でワークショップとして「何を取り入れどう取り組むのか? 現場への取り入れ方を考える」を行う予定。定員は40名(先着順)で参加費は無料。
 
 なお協力は(一社)自転車協会、後援は大阪府教育委員会、(公財)日本PTA全国協議会。問い合わせ先は03-5771-9951(自転車の安全利用促進委員会事務局)
 
kaijyo
▲昨年のセミナーの様子
 
anzen01 anzen02
▲左:講師の長谷部雅幸氏 / 右:講師の遠藤まさ子氏

 
 
 
 
 

 
最新業界ニュース内検索
 
ヴェロ東京2015