自転車業界誌発行 Cycle Press/サイクルプレス
国内外の自転車ビジネスと文化の最新情報を多言語でレポート

パナソニックサイクルテック、16Ahバッテリー搭載の電動アシスト自転車「ビビ・DX」を発売
2016年11月17日

 パナソニックサイクルテック(株)は16Ahリチウムイオンバッテリー搭載の電動アシスト自転車「ビビ・DX」(24型、26型、11万4000円・税別)を12月上旬に発売する。
 
 同モデルは16Ahバッテリーの採用により1回の充電走行距離を約59 km(パワーモード時)と2016年モデルに比べ約34%伸ばし充電の手間を軽減したほか、2016年モデルに比べ約40%小さくなったコンパクトスピードセンサーを採用することで駐輪機の接触による損傷を軽減している。
 
 また、クッション性が向上した「テールアプサド・ソフト」のサドルを採用することで長距離走行の負担や段差の衝撃を軽減、厚みが約15%(2016年モデル比)スリムになった「スリムグリップ」の採用によりグリップも握りやすくなっている。フレームカラーはホワイトパールクリア、フレッシュグリーン、ラプターグレー、パールクリアレッド、モダンシルバー、チョコブラウン、USブルーの7色があり、同社では年産6万台を計画している。
 
vivi
キャプション/「ビビ・DX」

 
最新業界ニュース内検索
 
ヴェロ東京2015