自転車業界誌発行 Cycle Press/サイクルプレス
国内外の自転車ビジネスと文化の最新情報を多言語でレポート

【2016年11月号】OEMに特化したビジネスショーとして増殖し続けるTBW、台中市内の4ホテルで10 月18 日から4日間にわたって展開
 

新たに「林酒店(The Lin Hotel)」を追加し、出展ブランド数は15%増の488(ブース数・585)、来場者は約5000 人に!
 
tbw01
▲写真(右)は、TBWの主催者スティーブ・フェントン氏
  
 最も重要なOEM イベントとして定着してきた台中バイクウイーク(TBW)は今年10 月18 日から21 日の4日間にわたって開催された、第7回目を迎えた台中バイクウイーク2016 の出展ブランド数は15%増の488(ブース数・585)を数え、世界各国からの出展社とバイヤーの増加に対応して会場のホテルも1つ(林酒店・Lin Hotel)追加、台中市内4ホテルで展開され、さらなる成長を見せた。出展者はやはり地元台湾からが最も多いが、次いで欧州、米国、日本からも数多くのブランドが参加した。およそ5000 人の来場者が4ホテルの会場に足を運び、来シーズン以降の新製品とビジネスチャンスの発掘に目を光らせていた。事前にTBW との提携を表明していたユーロバイクのショー運営ディレクターも欧州、アジア間でのアイデアの交換などを円滑に行えるよう今回のイベントに足を運んだ。商談会の場として定着した同時期開催の「Ride On」への参加は今年9ブランドまで増えたが英語によるプレゼンはなかった。
 
tbw02
 
tbw03
 
 更に詳しくは、「サイクルプレスジャパン」11月号で。